一人接骨院の院長がスタッフを雇って、利益の出る分院展開までをサポート

セミナー情報

14/11/09
名古屋ハイボルテージ上級セミナー
14/11/23
名古屋ハイボルテージ上級セミナー

成功ブログ

先生、機嫌悪い?

以前スタッフにこんなことを言われました。

「患者さんが、先生今日は機嫌が悪いね。と言っていましたよ」

その時は、そんなことないでしょ!と思っていましたが、いやいや出てます出てます嫌~な空気・・・

良くやってしまうんです。忙しくなると、そんなに問題ない毎日来る患者さんに対して、ササッと終わってしまうことが。

他の先生からも「回転すし屋のようだ」なんて言葉も

そんな空気を出さない様にする方法は

【自分の限界を知る事】

ではないでしょうか?

本文はコチラ

患者さんから見た先生

おはようございます

頭を整理するため?本日はゆっくり10時まで布団の中で夢を見ていた「やりたいことがいっぱいで興奮して3時まで眠れなくなってしまった」ど田舎接骨院院長の中村です。

本日は「気づき」について書きます

自分の良いところ、悪いところを自分も他人もわかっている「解放の窓」

自分は気づいていないが、他人は分かっている「盲点の窓」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%81%AE%E7%AA%93

じつは接骨院などの接客業の重要点は「盲点の窓」になります。

本文はコチラ

自費メニュー導入利益倍増法はこちら