一人接骨院の院長がスタッフを雇って、利益の出る分院展開までをサポート

セミナー情報

14/11/09
名古屋ハイボルテージ上級セミナー
14/11/23
名古屋ハイボルテージ上級セミナー

成功ブログ

真に患者さんを考えた時!

こんにちは
本日のテーマは「真に患者さんを考えた時」

C789_ecote-thumb-815xauto-14974

最近幾度となく面接をしています。
そんな中で気づいたことを本日書いていきます。

 

我々の仕事の醍醐味は
「患者さんの笑顔」ですね。

 

「ありがとう!」「楽になったよ」
何て言われたら
「俺やった!めちゃめちゃがんばった!」

 

患者さんのために何をしたら良いか考えた結果
患者さんが笑顔になってくれたら
ものすごく嬉しいです!

 

でもね

 

ここで少し考えて欲しいのです。

 

「患者さんのために」って考える時って
今までの自分の経験をもとに
「これは以前効いたから、これをやってみよう!」
「やっぱり、これでよかったんだ!」

 

ということで
実は施術者の「都合」で
患者さんに施術を提供していたのではないでしょうか?

 

ここで、もっと考えて欲しいのは
「患者さんのために」ではなくて

 

「患者さんの立場になって」考えて欲しいのです。

 

患者さんの立場に立って考えると
今までの自分の経験から導き出された答えではなく
時として今までの経験を否定しなければなりません。

 

「患者さんの立場」に立つということは
自分が患者さんだったら、
これはいいのかな?
もっと良い方法があるのではないかな?

 

と今までの経験や考えに縛られることなく
無限に患者さんにとって良いことを考えます。

 

ここにぜひ気づいて欲しいです。

 

「ために」と「立場」
少しの違いですが
全く違う発想が生まれます。

 

患者さんの心理を掘り起こして
その患者さんにとって最高の施術を提供していきたいですね。

 

整骨院経営で常識だと信じられていた3つのムダ

s_GAK76_aozorahimawari-thumb-1000xauto-17228

こんにちは
本日のテーマは「整骨院経営のムダ」

 

患者さんのために長く施術しよう
患者さんのために遅くまで診療しよう
患者さんのために沢山の話をしよう

 

この考えがはあっているのか?
間違っているのか?

 

10年間一人で行ってきた私が思うのは
「ムダが多かった」
です。

 

患者さんのためと長く施術をしても
一度に良くなる症状には限界があり
かえって患者さんの体に負担をかけることもあります。

 

診療時間を遅くまで伸ばそうと考えても
自分が集中して施術できる人数に限りがあるため
結局回転寿し状態で、こなしているだけになってしまいます。

 

患者さんとコニュニケーションを取ろうと考えて
沢山話をすればするほど、本来の治療から遠ざかり
余分な話で施術を終えてしまうこともしばしばありました。

 

これってあなたも「ムダなこと」だと気付いているでしょうか?

 

・ムダだとわかって手を打っている
・ムダだとわかっているが、手を打っていない

 

こんな状態はまだ問題になりません。

 

しかし、
・本当はムダなのに、ムダだと気付いていない
この状態が一番問題です。

 

このような「ムダ」はなぜ出てくるのでしょうか?

 

1.見栄を張っている

 

こうした方がきっと患者さんも喜んでいるに違いない
患者さんのために、私は一生懸命働いているんだ!

 

患者さんに喜ばれるために、もっともっと
頑張ろうと努力しすぎて、自分を台無しにしてしまう。

 

そんな先生に一度は患者さんも感謝をするでyそうが
あまりに身を犠牲にする姿に引いてしまうことがありそうです。

 

もっと自分を大切にして、自分も楽しみながら
患者さんに施術に当たりたいものです。

2.変化を嫌う

 

今までこのやり方でうまくいっていたんだから
そのままやっていこう!

 

もし施術時間を短くしたら
患者さんが来なくなってしまう・・・

 

という不安がいつもあるために
今までのことを変えることができない。

 

そうやって変化をしない間に
あなたの周りは常に変化して
いつも間にか浦島太郎状態になっているかもしれません。

 

変化を恐れずどんどん挑戦していく姿勢が大事ですね。

3.固定観念に縛られている

 

師匠がこうしていたから・・・
他の先生もやっているから・・・
有名な先生がこうした方が良いって言ったから・・・

 

このような固定概念に縛られたままだと
いつまでたってもあなたの状態は変わりません。

 

「できない」ではなく「やってみよう!」
「不可能」ではなく「可能にする方法を探す!」

 

このように考えていけば
「ムダなこと」ばかりの状態で「残念な選択」をした状態から
抜け出せるようになるでしょう。

 

ぜひあなたも「ムダが多い」状態から早く抜け出して、
自分が楽しくスタッフも楽しい職場を作っていきたいですね!

 

整骨院集客を絶対にあきらめない!

a0960_005572
こんにちは
長らく投稿していませんでしたが
本日より投稿開始いたします!

 

この2ヶ月間、静岡の新店舗オープンに
かかりっきりになってしまい、
こちらの更新をしていませんでいた。

 

この2ヶ月間
私も新店舗を軌道に乗せるために
様々な取り組みをしてきました。

 

その中でも失敗やまだまだやれる!
といったことばかりでした。

 

そんな中から少しでも皆様のお役に立つことがありましたら
ぜひ、パクってください!

 

では、新店舗オープンで何をしてきたのか?
その新店舗はどうなったのか?

 

なんて内容でお送りいたします(笑)

 

今でも苦労しているのが
もっとも重要な集客です。

 

これがなかなか難しいですね。

 

今まで郊外型の店舗をオープンしたので
集客にそんなに困らなかったのです。

 

なぜなら「辛い人、痛い人、困っている人」を
チラシやポスティング、訪問営業で獲得できました。

 

しかし、今回のお店は
静岡の商業地のど真ん中!

 

人が住んでいない・・・

 

少し離れたところには人も住んでいるのですが
呉服町という場所は商業地なので

 

「地域から人が務めに来る」場所でした。

 

待っていても誰もお客さんが来ない・・・
全然知られていない・・・
新規オープンの魔法が効かない・・・

 

オープンして全くお客さんが来ないことに
びっくりしてしまいました(涙)

 

世の中って厳しいなぁ・・・

 

といっても、ここで終わるわけにはいきません!
ということで、都市型の作戦に変更!

 

チラシ、ポスティング、訪問営業はもちろんのこと
ブラックボード
手配りチラシ
パンフレット

 

そして

 

チラシ類を1日で何枚配るのか?
どのエリアに配るのか?

 

販促活動のスケジュールを組んで
取り組みました。

 

この販促スケジュールですが
とっても効果があります!

 

ぜひあなたも取り組んでください!

 

なぜなら、毎日「お客さんが来ない・・・」と
悩んでいてもどうせ来ません。

 

なら、スケジュールをしっかりと組んで
今日1日のやることを明確にして
淡々と作業をこなすことで
達成感が高まります!

 

結果、お客さんが来なくても
明日はどのエリアに何枚のチラシを配ろう!
そこでお客さんをゲットしてやろう!

 

なんてモチベーションになります。

 

弊社でも課題の集客についてでした。

 

では
先生の院が大好きな患者さんであふれますように!

自費メニュー導入利益倍増法はこちら