一人接骨院の院長がスタッフを雇って、利益の出る分院展開までをサポート

応援団ブログ

整骨院NGワードを使っていませんか?

こんにちは
本日のテーマは「会話が盛り上がらない人の特徴」

5

 

患者さんとの会話は整骨院にとって最重要課題です。
むしろ施術よりも大切ではないでしょうか?

 

そんな会話ですが
残念な会話も聞こえてきます。

 

患者さんとの会話
もう一度、確かめてみましょう。

 

1.批判ばかり

 

患者:「家事が忙しくてなかなか来れないんです」
先生:「しかし、来てくれないと治りませんよ」

 

患者:「中腰作業でやらなければ仕事になりません」
先生:「いや、そんなこと言っているから治らないんだ」

 

いや〜いかがでしょうか?
この会話

 

書いていて、私が疲れてきちゃいました(笑)

 

あなたは、そうではないでしょうが
こんな先生っていますよね

 

患者さんの会話を真っ向から否定して
良くならないのは、あなたのせいだ!
みたいな。

 

ぜひ、患者さんの言葉に耳を傾けて
聞いてあげましょうね。

 

2.「はい、はい」「そう、そう」

 

患者:「◯◯作業をすると、痛くなっちゃうんだよ」
先生:「はい、はい そうですよね。」
患者:「しちゃいけないのは、わかっているんだけど、どうしてもやらないと」
先生:「そう、そう そうですよね。」
患者:「こんなストレッチしたらいいかなぁ」
先生:「そう、そう それでいいですよ。」

 

会話としては成り立っていますが
聞いていて、いかがでしょうか?

 

全く感情がなくて
心がこもっていない!

 

これだと、患者さんも
「話しても無駄だな」と思いますよね。

 

おうむ返しもほどほどに。

 

3.「でも」「だって」

 

患者:「先生に言われたようにしたけど、良くならないよ」
先生:「だって、あなたが仕事で使いすぎているからでしょ」

 

患者:「いつまでたっても、治らない」
先生:「でも、あなたが来ないからでしょ」

 

このように言い訳ばかりする先生
聞いていて、本当に腹が立ちますね。

 

二度とこの整骨院に来るか!!

 

いかがでしょうか?

 

患者さんとコミュニケーションを円滑にするためにも
ことば使いは気をつけたいものですね。

 

では、
先生の院が大好きな患者さんであふれますように

自費メニュー導入利益倍増法はこちら