一人接骨院の院長がスタッフを雇って、利益の出る分院展開までをサポート

応援団ブログ

真っ白い便箋に込めた想い

こんにちは

本日のテーマは「価値の伝え方」

付加価値をいつ伝えればいいのか?

どうやって、患者さんにアプローチすれば良いのか?

 

今回おすすめするのは

「手紙」です。

 

施術前のカウンセリングの時にお話をしても

ほとんどの方は1時間もしないうちに、忘れてしまいます。

 

これは、エビングハウスの忘却曲線でも言われています。

20分後に内容の42%が忘れ去られてしまいます。

 

そこで、重要になってくるのが

当日の配布資料ですよね。

 

帰ってから読んでください。

そのようにして渡していると思います。

 

しかし、本当に読んでくれる方は少ないです。

特に男性は、もらったことさえ忘れている。

 

そこで、受診後2~3日後に届く手紙

これが、効果を発揮します。

 

接骨院から手紙?!

こんな感じで、封筒を開けてもらえれば

しめたもの。

 

そこに、当院の成り立ち

院長先生の想い

患者さんにはどんな風になってもらいたいのか?

 

など、書いてあったら

患者さんももう一度先生の話を思い出して

通院に対する価値を感じてもらえます。

 

ということで、

本日は価値の伝え方でした。

 

 

自費メニュー導入利益倍増法はこちら