一人接骨院の院長がスタッフを雇って、利益の出る分院展開までをサポート

応援団ブログ

地道な作業は嫌いですか?2

こんにちは

さくら、満開ですね!

昨夜スタッフと一緒に

10分間だけ花見をしました!

吉田町が誇る

小山城とさくらのコラボ!

とっても美しかったです。

 

本日のテーマも地味な作業です!

 

当院の失敗例を

書きます。

 

保険施術オンリーの頃

自院に来ている患者さんは

60歳以上が50%

30代は10%いるかな?

10代は8%ぐらいかな

 

なんて考えていました。

 

しかし、しっかり調べてみたら

全然違いました!

 

60代以上25%

50代 13%

40代 22%

30代 14%

20代 5%

10代 17%

0代  3%

 

こんな数字が出てきました!

 

え!年齢層が高いと思っていたけど

全然違う!

ってなりますよね。

 

その当時は沢山の患者さんを

毎日施術していましたが

毎日来る方が圧倒的に多かったのです。

 

なので、錯覚を起こしていたんですね。

 

1か月から3か月の単位で計測すると

高齢者はほぼ毎日顔を合わせています

 

若い方は1週間に1回

あるいは月に数回という患者さんが

圧倒的だったんですね。

 

今現在

60代以上の比率は変わりませんが

毎日来られる方は

ほぼいません。

 

そして、施術内容は

 

以前は保険で毎日来てもらうことを

前提とした、施術。

 

今はあいだを開けても良い状態が

保たれるような施術へと

変化しました。

 

患者さんも忙しいでしょうから

なるべく頻繁に通わない方が

良いですからね!

 

 

 

自費メニュー導入利益倍増法はこちら