一人接骨院の院長がスタッフを雇って、利益の出る分院展開までをサポート

応援団ブログ

勉強熱心な治療家へ

こんにちは

 

本日のテーマは「勉強熱心な治療家へ」

 

治療家には勉強は不可欠

 

このような想いで一生懸命いろいろなセミナーに参加している努力家の先生方が多いと思います。

 

実際わたしも色々なセミナーに参加すると

 

同じような顔ぶれ。

 

 

そのようにして毎週日曜日に、このセミナー、あのセミナーと飛び回っていることでとっても知識豊富。自己重要感も満たせてスタッフからも尊敬の眼差し。

 

 

しかし、本当はそれってどうなんでしょう。

 

実際努力して勉強しているのはすごいのですが

 

それって「いつか役に立つから」という考えで行っていませんか?

 

 

「いつか役に立つ」ものは

 

「ほとんど役に立たない」ことがしばしばあります。

 

 

雑貨屋さんで買った、小物入れ、

 

可愛いというだけで購入しても実際に使いましたか?

 

 

ニトリで買った「タジン鍋」

 

いつか皆でパーティーでもしようと思って買っても使いましたか?

 

 

それよりも、布団カバーや吸水するバスタオルなどは、いつでも使いますよね。

 

むしろ、それが欲しくて買いに行きますよね。

 

 

 

今回は何を言いたいかというと

 

「勉強を欠かさない」ではなく

 

「使うことを考えて勉強」をしましょう。

 

 

いくら勉強が必要だからといって

 

実際には使うことが少ない救急救命の勉強をするなら

 

一緒に学んだ仲間たちと集まって

 

その本やセミナーの内容を話し合って

 

アプトプットするほうが大事。

 

 

食育の勉強をしてきたら

 

自分でその料理を作って

 

家族に食べてもらって、意見をもらってから

 

患者さんに、お話する。

 

 

それくらいアウトプットを大事にしながら勉強をすると

 

 

あなたの知識は格段にレベルアップします。

 

 

ぜひ、「今すぐやってみよう!話してみよう!」

 

という気持ちでたくさんの勉強をしたいものです。

 

 

では

先生の院が大好きな患者さんであふれますように。

自費メニュー導入利益倍増法はこちら