一人接骨院の院長がスタッフを雇って、利益の出る分院展開までをサポート

応援団ブログ

値上げの弊害

こんにちは

本日は【値上げの弊害】についてです。

 

弊害と言っても

私たちに悪いことがあるのではなく

患者さんにとってのことです。

 

大手牛丼チェーンの

1杯の値段は280円

 

とあるレストランのランチは

1メニュー1200円

 

量としてはさほど変わりません。

 

でも、彼女と一緒に行くなら

牛丼ではないはず。

まして、初デートならなおさら

 

我々の業界も、

いつも揉んでくれるところ

でしたら、安くて良いです。

 

でも、先生のところは違いますよね。

しっかり治してくれるところ

ですよね。

 

上記の例でいうと

とっても辛いからどうにかしてほしい

と通っていたけど良くならないので、こちらに来ました。

という方は、レストランのランチを探しているのと

一緒だと思うのです。

 

値段が安い所は

仕方がないね。こんなもんだね。という風に

諦めも入りますよね。

 

なので、しっかりしたものを

提供できる先生は

値段というのも

選ぶ価値基準の一つだと思います。

 

患者さんにとって

不利益なことは極力下げて、

しっかりした価値を提供していきましょう!

 

かといって、付け焼刃の技術では

それこそ患者さんに失礼です。

 

日本電気治療協会では

来年度の募集を開始したようです。

詳しくはこちらからお問い合わせください

http://www.denchikyou.org/seminar/date

 

 

自費メニュー導入利益倍増法はこちら