一人接骨院の院長がスタッフを雇って、利益の出る分院展開までをサポート

応援団ブログ

仕事の任せ方 方法

こんにちは

本日は仕事の任せ方として

こちらの方法をご紹介いたします。

【患者さんの流れに沿って、仕事を分解する】

 

我々が行っていることは

すべて、患者さん中心のことが一番大事ですよね。

 

そこで、患者さんが来院してから、帰るまでの

動作を書き出しましょう。

 

具体的には

駐車場⇒玄関⇒受付⇒待合室⇒施術室⇒受付⇒玄関⇒駐車場

 

これを場面ごとにどんなことに注意しながら

行動させるか?を考えます。

 

駐車場:車の置き方(満車時の対応も)

玄関:あいさつ、靴の並べ方、スリッパの整頓、靴べらなど

受付:保険証の受け取り方、名前の確認、問診票の書き方など

待合室:待ち時間の過ごし方、施術の注意事項の話、簡単な問診など

施術室:荷物置き場の案内、どこに案内するのか、ベッドでの姿勢など

受付:施術説明、代金の支払い、次回予約など

玄関:お見送りなど

 

このように分解すると

一つ一つをもっと行動レベルまで

分解できますね。

 

そうすると、マニュアルができますね。

 

これを誰がやっても同じレベルになるように

統一することが大事です。

 

やることをまとめます

 

1.行動を分解してマニュアルにする

2.マニュアルをみんなで確認する

3.運用してみる

4.漏れや、余分なものを改善する

5.運用する

 

このようにして、仕事を分解しして

マニュアルを作成して

みんなで共有すると、人に任せることができ

スタッフの教育もスムーズにすすみます。

 

ぜひ、一つでも取り組んでください。

 

 

自費メニュー導入利益倍増法はこちら