一人接骨院の院長がスタッフを雇って、利益の出る分院展開までをサポート

応援団ブログ

今日のハンバーガー味が違う?!

こんにちは

本日のテーマは「今日のハンバーガー味が違う?!」

受付さんより

「院長、○○先生の施術時間が長いです」

「院長、○○さんが、A先生に診てもらいたいと言ってます」

 

整骨院で、担当性にしていない院では

こんなことが時々起こります。

 

当然、弊社でも起こります。

ここで、『担当性にすれば良いじゃないですか?』

という声も聞こえてきますが

 

担当性にするデメリット

・担当の先生がいないと施術できない

休んだら代わりがいない、いなくなったら患者さんも一緒にいなくなる

 

・患者さんが来たい時間に来られない

自分の都合優先の患者さんも少なくありません。

 

・スタッフレベルが均一にできない

スタッフのレベル差は、ない方が良いです。

レベルが低くても皆同じの方が、患者さんが安心です。

毎回、味が違うハンバーガーを食べたいですか?

 

・スタッフの入れ替えが出来ない

上の理由と同じです。

 

・スタッフの技術が上がらない

色々な患者さんを診ることで、スキルが上がって行きます。

肉ばかりで野菜を食べない方は、健康と呼べるでしょうか?

 

ということで、担当性のデメリットを並べてみました。

当然、担当性のメリットはその逆です。

 

どちらを選ぶかは、院のコンセプトにもなってきます。

 

ぜひ、自院の患者さんと、スタッフの今後と相談して

より良い方法を探してみてください。

 

 

 

自費メニュー導入利益倍増法はこちら